私は本職の仕事帰りに1時間だけアルバイトを始めました。そのアルバイトとは同じ職種のバイトです

アルバイトという働き方について
アルバイトという働き方について

本職の仕事帰りに1時間だけアルバイトを始めました

私は以前から付き合いのある会社に1時間だけアルバイトをしております。又その求人はうちの社長からの紹介で「少しでも助けてあげていただきたい」との事でした。なので、会社帰りに立ち寄り、1番時間が掛かる仕事を、すばやくこなすように考えておりました。そして無理だと思いましたら何時間か延長しこなしていきました。何ヶ月が経つ内に、仕事の流れが良くなりまして、毎月納期どおりに、収められるようになりました。それを内の社長から聞きまして、私は安堵の気持ちでいました。それからも、その会社からのお誘いが続きまして、アルバイトを続けてさして頂いております。ですが、今働かしていただいている会社の事を考えますと、あまり深く入り込む事は、せずにしようと思います。なぜなら生活しているベースは今の会社の給与を頂いているからでありますから。

お互いの、会社の社長同士が知り合いというのも、少しやりづらい面があります。たまに働いておりますと、お互いの愚痴が出る事もあり、私的にはどちらの社長の意見も賛同しなければならないため、頭の中が混乱する事も多々あります。ですがこれからも、こう言った形で働くようにしますと自分自身もお互いの亀裂が入らないようにする、パイプやくにも徹しないといけない事に気付かされます。

Copyright (C)2018アルバイトという働き方について.All rights reserved.